アウター祭り。デイトナ・ブロス[Daytona BROS] Vol.46(2016年11月号)

スポンサードリンク

隔月発行のDaytona BROS。11月号の特集はアウター。

誌面のおよそ半分は各社の新アウターのカタログのような構成。

表紙はスカジャンですが、雑誌の中身はレザージャケットの掲載比率が高かったです。これだけあれば、色々なメーカーさんが比較できるのが良かった。

個人的には、フルカウントが出している2ndタイプのレザージャケットが気になりました。ジーンズにマッチしそう。

レザージャケットはサイズ選びが難しいですよね。

各メーカーさんごとに細部のサイズ感が違うし、体型が変わるとすぐに着れなくなって、高価な品があっという間にタンス行き。。。

ネットで買うのはリスキーですな。

ちなみに、表紙のスカジャンはHAYABUSAのオリジナルラインで、28万円なのだそうです。(写真がめっちゃカッコイイ)

レザージャケットが2着買えるお値段。

ちょっと驚きですが、HAYABUSAのHPを見ると、なんとまぁ高額なビンテージがあるのですね!

100万円越えのものもあって、びっくりです。

このスカジャンのヴィンテージ市場って、今どれくらいあるのでしょう?

この金額で本当に売買が成立しているのでしょうか。。。?

スカジャンは生地によっては引っ掻きなどのダメージに弱いので、着用するのに気を使います。

金額が高ければなおさら気を使いそうですが、刺繍=職人の世界でもありますから、「職人の**氏が刺繍したスカジャン」、など、職人名をフィーチャーした新しい価値がいずれ出てきても面白いかもしれません。

そんなことを思った、今月のDaytona BROSでした。

↓↓↓

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。