A-1ウールジャケットがイチオシ!ウエアハウスの2019年“秋冬”カタログをレビュー。(WAREHOUSE)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

8月に入れば、例年アパレル各社、秋冬物のリリースが始まります。

とはいえ、今年は毎日のようにTVでニュースに話題が上がるほどの、日本列島“猛暑”。

そんな中で、秋冬のヘビーアウターを見せられても、まったくピンとこないというのが正直なところですが…

特に、トレンドを追いかけることの無いアメカジ系ブランドにおいて、

高額なヘビーアウター類は各ブランドとも「売り切り御免」の数量しか生産しないということもあり、人気のものは本格シーズン到来前の段階で売り切れてしまうため、

この時期は男の判断力が試される…、そんなタイミングでもあります。

さて、そんな中でアメカジブランドの雄、「ウエアハウス」の2019年秋冬のカタログがウェブ上で更新!

アメカジブランド各社ありますが、ウエアハウスのアウターの細部へのこだわりは凄まじく、20年先まで使える普遍性とクオリティを持つものばかり。

私も毎年、ウエアハウスの秋冬のラインナップを楽しみにしています。

本日は、そのウエアハウスの2019年秋冬カタログ、そして同じく毎年恒例となっている「ROCKY MOUNTAIN」から、ラインナップを見てみましょう。

ウエアハウス&ROCKY MOUNTAIN 2019 “秋冬”コレクション

ウエアハウス 2019秋冬

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

さて、今季のウエアハウスです。

ウエアハウスのヘビーアウターは毎年、少数精鋭のアイテム数なのですが、今年もそう。

今季の一押しは、これでしょう。

A-1ウールジャケット。

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

こちら、2018年秋冬にもリリースされ、瞬く間に完売となったアイテムの、バージョンアップ。ウールのボディやリブのカラーが違いますが、今年の方が間違いなくカッコ良い。ウールの素材自体が上質なものになっているようです。

価格は昨年より1万円ほどアップしましたが、それでも、欲しいと思わせる一品。

ジーンズやチノなど、スタイルを選ばずヘビロテ間違いなしの1着でしょう。

そして、こちらはウエアハウスが毎年、用意しているアワードジャケット。

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

スタジャンだったり、レタードジャケットだったりの言い方の方が、私はしっくりくる世代。ワッペンなどついたバージョンもありますが、無地のこのカラー、かっこいい。

タイガースカラーとも言える?

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

もう一つは、アウトドアテイストの強い、パイル地のジャケット。

悪くないけど、真夏に見ると、最もピンとこないラインナップの一つ。

肌寒い季節に、改めて検討したい1着です。

そして…ウエアハウスの秋冬の定番といえば、ネルシャツ。

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

今期も様々な柄、揃ってます。

昨年・一昨年と、柄の違いなど私はよく把握していませんが、定番だからいつ買っても良い…と余裕をかましていると、人気のカラーはサクッとソールドアウトしているのがウエアハウスのネル。

欲しいときが、買い時、ということでしょう。

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

そして、7分袖シャツやスウェット類。

このあたりも、例年通り充実。

バリエーション豊かなので、カラーやプリント、好きなものが必ず1着は見つかる。

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

最近、私はこの手のスウェットやTシャツ類はJackman(ジャックマン)を推していたりしますが、ウエアハウスの良さはボディだけでなく、そのプリントのセレクト。

今期、私が気になるのはこの子。

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

秋冬アウターなのに、ハワイでアロハなミスマッチ・プリント。

プリントのカスレ具合も含めて、シュールな感じ…かなりツボです。

ROCKY MOUNTAIN 2019 秋冬

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

そして、ウエアハウスが秋冬にリリースするアウターの「ROCKY MOUNTAIN」。

こちら、今期もしっかり用意されています。

今期はヘリンボーンVer.がいい感じですね。

出典:WAREHOUSE(https://info.ware-house.co.jp/update/catalog2019aw/)

デニムシャツやネルシャツの上から、さらっと羽織りたい一着。

【まとめ】完成されたウエアハウスの秋冬

以上、ウエアハウスの2019年秋冬のコレクションでした。

語弊があるかもしれませんが、ウエアハウスは、この秋冬に限らず、どのシーズンも毎回変わり映えしないコレクションばかり。

しかし、これが「アイデアの無い、惰性のコレクション」かというと、そうではなく、ウエアハウスの世界観やものづくりが「完成されている」その結果だと、毎回感じるのですが、今季もそう。

特に、昨シーズンにリリースした「A-1ウールジャケット」のアップデート版は、本当にカッコ良い。

見た目はほぼ一緒…つまり「変わり映えしない一着」とも言えるわけですが、中身は確実にクオリティアップしているわけで。

これこそ、ウエアハウスが四半世紀近く、コレクションの度に繰り返してきたことなんですよね。

リスペクト。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。