10oz denim shirt ディテール解説⑦「背中で語る、バックスタイルの考察」

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

来週リリース予定の、10oz denim shirt(10オンス・デニムシャツ)。

固定観念に囚われないサードウェーブなモノづくりの視点で、

①(10ozのポテンシャルを引き出せる)経年変化の期待できるディテール

②(経年変化が見れるくらい着用頻度が高くなるように)現代のライフスタイルに合わせやすいシルエットパターン

③(10ozという通常のデニムシャツよりヘビーだけど)着心地の良さ

このコンセプトを軸に、細部のディテールを積み上げてきました。

本日はデニムシャツのバックスタイルに施した“ちょっとした”こだわりをお話ししたいと思います。

シャツのバックスタイルって、服を着用する側としては「あまり気にしない」「ルックスはおろそかにしがち」な傾向がありますが、

逆に、人からは「かなり見られているパート」ですよね。

ジーンズの場合、バックポケットというアイコニックな存在があるので、作る側も着用する側もかなり意識しますけどね。

バックスタイルの工夫について

袖の縫製仕様

バックスタイルを語る前に、まずは今回の袖の縫製に関してお話ししたいと思います。

この10oz denim shirtの袖のパターンは2枚のパーツを組み合わせて製作しました。

通常、デニムシャツ(ウエスタンシャツ)は袖が1枚布です(1枚の布をくるっと巻いて筒状にした袖)。

それを2枚のパーツに分けた袖のパターンにするメリットは、形状が立体的になり、多少ヘビーな10ozデニムでも着心地を向上させることが出来ます。

バックスタイルをカッコよく

そして今回、その袖の巻縫いの縫製のラインと、肩ヨークの巻縫いの縫製ラインをピッタリ合わせて取り付けしました。

これにより、肩から両腕にかけて巻縫いの二重の縫製ラインが横一本に入るルックスになっています。

この縫製はデニムジャケットでも見られる仕様ですが、袖と本体の巻縫いの繋ぎをここまでピッタリ合わせたものって無いはずです(普通はズレて取り付けされています)。

この綺麗な一直線はちょっとしたこだわりでして、特にパンツのポケットに手を入れた時のバックスタイルは、なかなかカッコ良いものがあります。

肩から腕に流れてくる縫製ライン。GOOD!

このように説明しておかないと、余裕でスルーされるようなコダワリだったりしますが…

袖の縫製仕様と合わせて、実用的にもルックス的にも意味があるディテールにしていますので。

このシャツ。

「背中で語る」ではなく、「背中のことを語れるシャツ」です(^^)。

10oz denim shirt ディテール解説①「企画意図とコンセプト」

2019-11-10

10oz denim shirt ディテール解説②「ボタンの選考プロセス」

2019-11-11

10oz denim shirt ディテール解説③「シルエットについて」

2019-11-12

10oz denim shirt ディテール解説④「着心地を向上させる工夫 その1」

2019-11-13

10oz denim shirt ディテール解説⑤「着心地を向上させる工夫 その2」

2019-11-14

10oz denim shirt ディテール解説⑥「経年変化の楽しみを」

2019-11-16

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。