ジーンズ誕生の背景にある、インディアンの歴史

スポンサードリンク

自由・希望・フロンティアスピリッツ。

 

ジーンズは もともとアメリカで開拓者達が

労働着として履いていたことがルーツです。

 

もう少し詳しく言えば

1848年に西部カリフォルニア州でゴールドが発見されたことをきっかけに

一攫千金を求めて多くの人たちが西部に集まり、

ゴールドを求めて鉱山で働く鉱夫達の

丈夫な作業着のニーズに合わせて開発され、着用され、

広がりました。

 

ゴールドラッシュとか

西部開拓時代とか

ジーンズにはそういうイメージが強いですよね。

 

フラッシャーや革パッチのデザインに、

それらを連想するものを入れているブランドも多いです。

 

そんなアメリカの西部開拓時代と時を同じくして

「インディアン戦争」というのがあります。

 

人種問題が絡むので詳しくはここでは書きませんが、

興味がある人はwikipediaで調べてみてはいかがでしょうか。

 

簡潔に言えば、

アメリカ大陸の先住民であるインディアン達(ネイティブアメリカン)を

元はヨーロッパからの移住者たちが

殺し、各地から土地から追い出した。

 

西部カリフォルニアでも同様。

 

ゴールドを求め、やってきた移住者たちは

その地で暮らしていたインディアン達を追い出した。

 

私たちの多くがイメージする

夢と自由と希望に満ちたカッコイイ開拓時代というのは

 

もう一方の立場=先住民のインディアン達から見れば

迫害と侵略の時代です。

 

自分の持ち家に、とつぜん知らない子がやってきて、

「ここ見つけた。 俺が開拓した。 お前ら出てけ。」

って言われるようなものです。

悔しかったでしょうね。

 

自由・希望・フロンティアスピリッツ。

の裏側の出来事のお話でした。

 

日本の多くのアメカジファンは、

開拓時代・労働着としてのジーンズも好きだし、

ネイティブアメリカ(つまりインディアン)のカルチャーも好きですから、

こういう事実を知ってしまうと、複雑な気持ちになります。

私だけですかね。

 

今回、オリジナルジーンズを企画する際に、

 

これまでの偏ったイメージに対するちょっとした問題提起と、

インディアン達へのリスペクトを

 

デニムのコンセプト・ストーリーに盛り込むことができれば・・・

 

と漠然と考えています。

 

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。