G-SHOCK × NASAのDW-5600がリリース。このレトロ・フューチャー感がたまらない!

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

カシオ(アメリカ)にて、注目の限定G-SHOCKがリリースされました。

NASAをモチーフにした、「DW5600NASA20」です。

現地ではリリース直後に即完売。

本日はその詳細を見てみましょう。

G-SHOCK × NASAの注目の限定モデル「DW5600NASA20」

概要

今月、4月24日にアメリカで発売され、即完売したのがこちら。

G-SHOCKのド定番モデル、スクエアフェイスの【DW-5600】をベースに、NASA(アメリカ航空宇宙局)とデザイン・コラボレーションをしたモデルです。

まず、パッと見の印象は「潔いまでに、シンプル」

ボディケースもバンドも全て雪のようなホワイトで統一。

そのため、グレーのフェイス部分に入った赤い「NASA」のロゴが美しく映えています。

小さく、そしてさりげなく入ったこのロゴこそが、この限定モデルの最大の見せ場。

しかも、レトロ・フューチャーな70年代〜90年代のNASAの旧ロゴ、通称「ワームロゴ」を採用。

昨今のストリートファッションにおけるゴチャゴチャしたプリントやらのトレンド全盛の中において、

引き算の美学による強烈な個性を見せる、珠玉の一本になっています。

バンド部分には「National Aeronautics and Space Administration」の文字が入り、また裏蓋には「月」が刻印されるなど、コレクターの多いNASAファン垂涎のディテールも見えにくい部分に採用。

バックライトには月の姿が。コレクターの心をくすぐる、専用BOXと専用ケースが付属。

現地でのお値段は130ドル(約1万4000円)。

繰り返しますが、アメリカ現地では発売と同時に瞬殺。

日本での販売予定は…ありません。 Oh NO!!!

【まとめ】

シンプル且つ爽やかなルックス。

さりげなく入ったレトロ・フューチャーなロゴ。

NASAという特別感&限定感。

5年後、10年後に見ても、これはかっこいいデザイン。

うーん。

夏に向けて、すっごく欲しい。

久々に、がっつりレア化するG-SHOCKを見ました。

日本でも発売してくれないかな?

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。