縫製工場を探す。

スポンサードリンク

 

昨日、モノづくりを知り尽くす

私にとって神様のようなアドバイザーのY氏から

 

ジーンズの縫製工場の選定に関して

お電話でアドバイスを頂きました。

 

それぞれの工場様ごとに、

 

どこのブランドのジーンズを作っている とか

どの番手の縫製糸は扱っていない とか

ロットには柔軟に対応いただける とか

仕上げが非常に良い とか

パターンも請け負ってくれる とか。

 

各社、大まかな特徴をわかりやすく教えていただきました。

大変貴重な情報の数々です。。。

 

とはいえ、

私のような個人のオーダー(少ないロット数・・・)を

どの工場が受けて頂けるかは分からないとのこと。

 

「依頼される際に、ジーンズを作りたい気持ち・情熱を伝えてください!

そういう真っ直ぐな心意気が好きな方が多いので。」

 

というアドバイスをいただいたのは救いでした。

 

これなら大丈夫かも!

 

さて、Y氏から頂いた、幾つかのお勧め工場の中で、

「是非、ここにお願いしたい!!」

と思える候補が私の中に一つありました。

 

某、有名ブランドを縫製されているところです。

 

私も、そのブランドのジーンズは愛用しています。

(私のウエストが著しく成長してしまい、タンスの中でお留守番中です。)

 

それに、その工場の様子は、

以前 某雑誌にて見たことがあったのです。

 

クオリティはもちろんのこと、

「取材や写真撮影お断り」という縫製工場もある中で、

 

その工場の、雑誌の記事から伝わるオープンな雰囲気は

ひょっとして、素人の「教えて攻撃」にも

広い懐で受けてくれるのではと、

勝手に妄想・・・。

 

本日、早速その工場に、

直接お電話を差し上げることにしました。

 

電話をかける際、久しぶりに緊張しましたね、

 

一見さん、お断りだ!とか

素人相手に商売できないよ! とか言われると

ショックだなーと。

 

私は海外からの電話になるので

スカイプ電話を使ってダイヤルプッシュ。

 

プルプルプル、ガチャ。

 

「****です。」

 

お電話口に女性が出られた。

 

綺麗な声だ。

きっと容姿も性格もお美しいに違いない。

 

余計緊張する。。。

 

私「ホームページを拝見して、お電話差し上げました」

 

美女「少々お待ち下さい。」

 

フゥ。

 

ご担当者にお繋ぎいただく。。。

 

どきどき。。。

 

男性「はい、もしもーし!」

 

電話口が、若い男性に変わる。

 

すっごく元気な声だ。

 

ドキドキドキ。。。。

 

私「ホームページを拝見して、お電話差し上げました」

 

そして、本題。

 

今回のあらましをお話しさせていただく。

 

・・・

 

男性「まぁ、お互い、うまくマッチングできればですねー」

 

・・・

ということで。

結果、いきなり断られることはありませんでした。。。

 

ありがとうございます!

 

じゃ、まずは直接お会いして、

打ち合わせをしましょうか、となりました。

 

話を聞いていただけるだけでも大変、ありがたいです。

 

近日、私が日本に帰国の際に

工場に直接 お邪魔することになりました。

 

結果がどうなるかは分かりませんが、

本当に楽しみです。

 

この、お電話でご対応いただいた男性の方、

お名前をお聞きしてすぐ分かったのですが、

私が以前購入した雑誌に出られていた方でした。

 

一方的にですが、こちらは顔を存じ上げている方でしたので

なんだか嬉しかったですね。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。