トップボタンをシルバー925で作れるか?

ジーンズのトップボタン
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

私はネイティブ系ジュエリーが好きなものですから、

インディアンコンチョなんかも好きなんですが、

シルバーコンチョ

そんなものを眺めながら、「こういうコンチョっぽいデザインのジーンズのトップボタンって、見ないな」って考えていました。

さらに言えば、トップボタンの材質で、コンチョのように「シルバー925」を使っている例、あまり聞かないな、と。

レプ系メーカーさんは「鉄」を使うのがセオリーになっていますよね。

とは言え、世間一般、世に多くあるジーンズのトップボタンは真鍮・ニッケルメッキのものが多いです。

いずれの材質にしても、

th_bw6a9375

ボタンフライのジーンズに使われるボタンは、こんな面構えをしております。

ジーンズの顔の一つですね。

各ブランド、オリジナルの刻印のボタンを作って使ったり、ショップオリジナルのような生産ロットが少ない場合は、YKKなどが販売している既製品(この写真の刻印のモノ)を使ったりしています。
th_bw6a9388

裏面はこんな感じになっています。

なかなか見慣れない姿ですよね。右側が留め具です。

これを特殊な打ち機にセットして、留め具の針を貫通させて中で抑える仕組みなのです。

シルバーのトップボタンを使ったジーンズの例

で、シルバーを材質に使ったトップボタンの使用例としては、

私の知る限りでは、ちょっと前になりますけどウエアハウスとFirst Arrowsのコラボジーンズと、

img58458334-1

香港のアメカジショップ、Take5が、限定プロダクトとして日本のレプメーカーさんと作っていました(写真が探せませんでした)。

(※追記)Take5(テイクファイブ)と、オーナーのセキさん。日本のメーカーさんの間でも有名人です。

 

これだけ例が少ないということは、生産上の難しさがあるのか、または強度的な問題があるのか、いずれかがあるのだろうと想像します。

長く履き込んだ際の鉄ボタンの雰囲気は最高です。

それもあって、今回のオリジナルプロジェクトに伴い、鉄ボタンを使う予定で考えていますが、鉄ボタン以上に、使い込んだシルバーの雰囲気も私の大好物なので。

そこで、ちょっとあの手この手で「シルバー925」で、ジーンズのトップボタンをオリジナルで作れないか? にチャレンジして見たいと思います。

 

成功するか?失敗するか?

進捗はこのブログ上で追ってご報告しますので。

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

No tags for this post.

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズのトップボタン

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。